あごにきびの意外な原因

にきびの原因は、偏った食生活や洗浄が足りていない洗顔法などさまざまにありますが、そういった面にしっかり気配りしていても発生してしまうものがあります。



女性の場合、生理前に多発するなど、ホルモンバランスの乱れから多発するタイプのにきびがあります。
そういったにきびは、主に口のまわり、特にあごに発生しがちとなります。


しかも大きめサイズで赤く腫れて、対処が悪いと長く痕が残ってしまうものもあります。


このタイプは、薬用せっけんなどで毎日念入りに洗顔したとしても、完全に防ぐことができません。できてしまったものは皮膚科を受診して、塗り薬を処方してもらい、痕が残らないよう治していきます。

病院によっては、塗り薬とともに、服用するタイプの化膿止めや漢方薬が処方されることもあります。その漢方薬が、あごにきびが出来にくい体質に導く手助けをしてくれます。



乱れているホルモンバランスを整え、全身の血行を良くして、冷えなどの原因を取り除いていきます。


漢方薬は体質によって処方される種類が違ってくるのですが、代表的なものでは桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあります。

人には聞けない珍しいT-SITE関する情報選びといえばこちらのサイトです。

漢方薬の場合、即効性は期待できないのですが、ゆっくりと血流の滞りなどを解消し、生理のサイクルも整えてくれます。
あごのにきびを根本治療することが全身の健康につながります。
自分の体質に合った薬を服用することが肝心ですので、医師や薬剤師にしっかり見極めてもらいましょう。