にきびは早い段階でそれぞれの段階について

にきびは段階によって、呼び方が変わってきます。
まず、初期の段階では、角質が硬くなり、毛穴の入り口が狭まることで毛を伝って皮膚表面に出るはずの皮脂が毛穴の中にたまり、コメドと言われる塊にかわっていきます。

この段階では、皮膚の色は正常で、表面に少し盛り上がりができたり、指先で触ると固まりが分かる程度になります。
この白っぽくできたものが白にきびとなります。



さらに、詰まった皮脂が参加したりすることで、先端が黒っぽくなることで黒にきびと呼ばれるものに変わります。
この二つの状態は、炎症を起こしていない状態なので、この段階で上手にコメドだけを押し出すことで、痕にならず綺麗に治すことが出来る場合がありますが、うまくできなかった場合は、無理な力を加えてさらに悪化してしまうこともあるため、皮膚科で処置してもらうことがお勧めです。


それからそのまま放っておいた場合、アクネ菌が増殖し、炎症をきたすことで、赤にきびとなります。


この段階になると、炎症が表面からわかるようになって、治すためには、炎症を早めに抑えることが大切です。



炎症が起こると痕になって残る可能性もあるため、潰したり、手で触ったりすることはよくありません。


さらに放っておくと、炎症がさらに悪化し、膿を持った状態となって黄にきびとなります。
この段階では、色素沈着やクレーターが残る可能性が高くなってしまいます。早い段階で治療をし、早めにケアを始めることで肌へのダメージも少なくてすみ、さらに、保険適用で治療を受けることができるため、治療にかかる費用も少なくてすみます。

真剣にM3Qの情報を確認できるサイトです。