にきびと睡眠不足の関係

睡眠不足には、新たなにきびの発生や悪化させてしまう原因となってしまいます。



睡眠不足によって肌の機能を低下させてしまい、ターンオーバーのサイクルを乱し、肌の新陳代謝が進まなくなることで、古い角質がいつまでも肌に残っていまい、過角化を招く原因となり、さらにその周辺の毛穴を詰まらせてしまいます。
主に、ターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって行われ、肌の調子を整えるために肌の細胞分裂と修復を進め、肌を再生させます。
睡眠不足にあることで成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、肌の状態を悪くしてにきびを発生させる原因となってしまいます。

4yuuu!の様々な情報を掲載しています。

成長ホルモンの分泌は、主に、22時から翌2時まで行われるため、その時間に寝ていることが大切です。

睡眠不足によってにきびができる原因には、自律神経のバランスが崩れることで、それが発生や悪化の原因に繋がる場合があり、さらに、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなってしまうことで、肌に対する機能がうまく働かなくなってしまい、肌に様々な悪影響を与えてしまいます。
免疫細胞も睡眠中に最も活動するため、睡眠不足になると、免疫機能が低下してしまうことで、にきびの原因となる外部刺激からの防御が出来なくなって、肌に対しても免疫機能の低下やアクネ菌の増殖を許してしまうことで炎症を引き起こしてしまいます。



にきびを作らないためにも、普段からしっかりと質が良い睡眠を摂ることがとても大切です。